USER'S VOICE

導入事例インタビュー

04山口県・山口市
ホテルアムゼ新山口

支配人 村田様

オーバーブックのリスクが軽減。強気に販売できるようになりました

新山口駅周辺のホテル間競争が激化している中、当ホテルでは稼働率をピーク時の70~80%まで回復させています。リンカーン導入以降、30%未満だったネット予約比率が60%まで伸びたことが大きいですね。

サイト管理の効率化

当ホテルは3つのネット販売先で客室を販売していますが、リンカーン導入前は各サイトの管理画面をそれぞれ立ち上げて残室のコントロールを行っていました。しかも2~10日先までの予約を1件1件ホテルシステム(PMS)に手入力し、ファクスとPMSを見比べて確認しながら残室を管理していたため、1日にのべ1時間半はPCの前に張り付いていなければなりませんでした。 また、オーバーブックを防ぐため、残室を各サイトに割り振る際には、提供客室数が残室を上回ることがないように登録しており、それゆえに販売機会を失うこともありました。たとえば、残室が10室以上あるにもかかわらず、1サイトあたりの提供客室数を4~5室に設定していたため、10室前後のグループ予約を受けることができなかったのです。順調なときはそれでもよかったのですが、不況で直の予約が減った分、今はネット予約でカバーしなければなりません。各サイトで売り出す客室数を増やそうと考えたのですが、これまでのような管理では手間がかかってしまいます。そこでリンカーンの導入を決めました。

リンカーンなしには戦えない

リンカーン導入後は、複数の予約サイトを一括管理できるようになりました。残室共有機能により各サイトに割り振る必要もなくなったので、1サイトあたりの提供客室数が増加しました。その結果、より多くのグループ予約を受け付けられるようになり、販売数が向上しました。 リンカーンは、残室を共有し予約が入った時点で他のサイトの残室が更新されるので、オーバーブックのリスクが軽減されたのもポイントが高いですね。リンカーンを利用してから、強気に販売できるようになりました。残念なことに、PMSのバージョンの関係で連携ができず、手入力は引き続き行っているのですが、リンカーンの予約カードは変更や取消がひと目でわかるように違う色で出力されるので、作業効率が大幅に向上。入力ミスがなくなったうえ、以前と比べ1/3の時間で済み、他の仕事に時間を割けるようになりました。 当ホテルでは、以前の基本プランに加え、お客様のニーズに合わせた、付加価値のある高単価のプランを従来の2倍以上造成できるようになりました。今や予約の主流は完全にネット。我々も可能な限りネットを増やしていきたいと思いますが、そのためにはリンカーンは欠かせないと思っています。

CHECK!! こんな活用法も!
  • 全国の駅周辺のホテルでは、ホテルの前から携帯サイトで当日予約をしてから来館するお客様が増加しています。ホテルアムゼ新山口様では、これまではオーバーブックのリスクを考えて、前日20時ですべて売止にしていたため、当日予約を希望されるお客様に部屋を提供できずにいたそうです。しかし、リンカーン導入以降は当日予約の対応が可能になったため、予約数が増加。「当日ぎりぎりまで各サイトで売ることができるリンカーンの存在はありがたい」とご評価いただいております。
システム運用図

システム運用図

システム運用図

山口・山口市 ホテルアムゼ新山口

山口県山口市小郡高砂町2-1
TEL.083-976-0050 http://www.hotel-amuze.jp/
客室総数:80室

お電話でのお問い合わせ・資料請求も受け付けております

03-5404-6702(受付時間:平日9:30~18:00)

ページトップへ戻る