USER'S VOICE

導入事例インタビュー

10石川県・和倉温泉
加賀屋

予約センター 課長 形田様

プリント機能を活かし、業務を営業所に分散させています

「加賀屋」と「あえの風」を合わせると、予約センターが1日に受ける通知数は約200件。このうちの30~40件ずつでも、東京と大阪の営業所で処理できないかと以前から検討していました。これまで躊躇していたのは、TL-Xの予約通知はロール紙でプリントされるため、営業所にファクスするには切り貼りしてコピーしたものを送るしかなく、その手間を考えればセンターで処理したほうが早かったからです。 でも、リンカーンはA4のレーザープリンタで出力し、そのままファクスで流すことができます。それにASPによるサービスなので将来的には営業所のプリンタから直接出力することも可能で、ファクスの通信費用の圧縮にもつながります。 営業所に電話が集中するのは朝と夕方。ホテルシステム(PMS)ともデータリンクしているので入力も容易で、日中の空いている時間帯に集中して作業すれば40~50件の入力もそれほどの手間ではありません。 こうした営業所への業務分散化により、予約センターの負担は大きく軽減できました。その分、予約センター本来の業務である部屋割りの精度向上や、他部署からの急な内線電話の対応にも集中できるようになりました。また、ASP化により予約センターと同じタイミングで各営業所でも総残室数が把握できる点は販売チャンスを広げる上でとても大切なことです。 これからは収益性を高めていく経営が要求されますが、そのためにはバックヤードにおいて少人数による効率的な運営が不可欠。リンカーンの導入は旅館経営における人件費の完全燃焼を考えるきっかけになったと思います。

CHECK!! こんな活用法も!
  • 加賀屋さまでは各営業所の方々も通知を入力することで、各プランの販売状況を実感、各旅行会社のプランに関する商品知識も身につけられるようになったとお聞きしております。さらに販売店別に売上実績も確認できるので、今後データが蓄積されればどの販売店にどうアプローチをかけるか等、精度の高い戦略的セールス活動へも転用できるとご評価いただいております。
システム運用図

システム運用図

システム運用図

石川県・和倉温泉 加賀屋

石川県七尾市和倉町ヨ部80番地
TEL.0767-62-1111 http://www.kagaya.co.jp/
客室総数:232室

お電話でのお問い合わせ・資料請求も受け付けております

03-6835-8420(受付時間:平日9:30~18:00)

ページトップへ戻る