予約・販売管理システムの株式会社シーナッツ

LANGUAGES

Select Languages.
言語を選択して下さい。

ENGLISH

導入事例User'sVoice

京都府・ホテル エルシエント京都様

ホテル エルシエント京都様

『泊まればもっと、その「まち」を好きになる』をコンセプトに、2019年4月に、旧名称「エルイン京都」から新名称「ホテル エルシエント京都」へとリブランド致しました。新幹線・JR京都駅南側に位置し、各種交通アクセスの利便性で観光やビジネスに好評を頂いております。

使い分けていた複数のツールを統合し情報を集約
情報の確認から検索、進捗管理まで場所を選ばないクラウド管理で実現

TL-GroupTravel導入前

団体案件の管理は主に団体営業課が全体的な管理を行っているが、TLーGroupTravelを導入するまでは、様々な形式・形態で管理していた。①FAX:販売先とのやり取りのFAXを紙のまま保管 ②予約カード:現在進行中の案件は予約カードの形式で紙管理 ③表計算ソフト:仮期限や実績管理は表計算ソフトでファイル管理 ④PMS:在庫状況はPMSで確認 様々なツールを用いていた。外回りの営業へ出る際は②の情報から営業担当が必要な分をコピーして持ち出していたため、準備に時間が掛かる上、持ち出した案件以外の問い合わせの対応が社外で出来ず、折り返しでの対応になるなど返答にも時間が掛かってしまっていた。③で使用していた表計算ソフトのファイルは、データ量が多く、閲覧・編集・検索がスムーズに行えず、ストレスを感じていた。

TL-GroupTravel導入後

TLーGroupTravelを導入してからは、クラウド管理により情報を一ヶ所に集約することが出来るようになり場所を選ばず団体案件の確認が出来るようになった。営業担当が外出する際に事前準備をしていた②のコピーは不要となり、大幅な時間短縮が図れている。加えて外出先での案件検索や問い合わせ対応も可能となった。また、表計算ソフトで管理していた仮期限のチェックや実績集計はすべてTLーGroupTravelへ移行したことで、操作スピードの遅い表計算ソフトを使うことなく作業時間が削減され、さらに営業担当が自ら行っていた実績集計は画面上で見たい情報を選択するだけで簡単に確認できるようになった。既存のツールを廃止してTLーGroupTravelへ完全移行したことで作業効率が大幅にアップした。

本事例は以下の様な管理をしている施設様の課題解決に役立ちます

・複数の管理ツールで団体案件を管理している施設様
・外出先で案件確認を行いたい施設様
・案件管理のデータ量が多く、表計算ソフトでの管理に限界を感じている施設様

京都府・ホテル エルシエント京都

エリア:京都府
種別:ビジネスホテル
客室数:562室

お問い合わせ・資料請求CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

フォームアイコン

フォームからお問い合わせ

お問い合わせフォームへ
電話アイコン

電話でお問い合わせ

03-6835-8420

営業時間:平日9:30~18:00